×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本のバレンタイン

バレンタインデーに女性が、チョコレート菓子を贈る習慣は日本で始まったとされている。日本のバレンタインデーの大きな特徴は、贈る物が多くはチョコレート菓子に限定されていて、男性から菓子を贈ることはまれ、という点です。バレンタインデーとチョコレート菓子との日本の歴史は、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行い、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出した。年間消費量の4分の1のはチョコレートがこの日に消費されると言われるほどのイベントとなっている。既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになったが、最初は女性が男性にチョコレート菓子を贈ると同時に愛の告白をする日とされていた。上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣も生まれている。
    バレンタイン特集2009    格安!義理チョコ

バレンタイン菓子のレシピ・作り方1

ハートチョコレート(4枚分)製菓用スイートチョコレート200グラム、トッピング(ドライフルーツ、ナッツなどお好みで適量)。(1)チョコレートをあらく刻み、レンジ容器に入れ、電子レンジで1分加熱。いったん取り出し、混ぜる。(2)(1)を更に電子レンジで1分加熱する。滑らかになるまで溶かす。(3)クッキングペーパーの上に(2)のとけたチョコレート四分の一の量をハート型に整え、トッピングをのせる。※トッピング例:マーブルチョコレート・ドライフルーツ(マンゴー・レーズン・あんず)・マカデミアナッツ・アーモンド・くるみ。お好みに合わせてどうぞ。バレンタインに思いを寄せる彼に、上司や同僚に、キレイにラッピングしてあげましょう。

バレンタイン菓子のレシピ・作り方2

製菓用スイートチョコ120グラム、生クリーム80ml.無縁バター10グラム、ラム酒小さじ1、ココアパウダー適量。(1)型(12cm×14cmの角型)にクッキングシートを敷く。チョコをこまかく刻む。バターを室温にもどす。(2)鍋に生クリームを入れてとろ火にかけ、沸とう直前に火を止める。(3)ボウルに(1)のチョコを入れ、(2)の生クリームを加え溶かす。(1)のバターを加え全体が滑らかになるまでヘラで混ぜる。(4)ラム酒を加えてさらに混ぜ、あら熱がとれて表面に艶が出てトロッとするまで混ぜる。 (5)(1)の型に(4)を入れて冷蔵庫で2〜3時間、固まるまで冷やし、生チョコを作る。(6)まな板にココアパウダーを茶コシで広げ、クッキングシートを静かにはがした(5)の生チョコレートをのせ、上からもココアをまぶす。(7)ナイフで2〜3cm角に切り分け、切り口にもココアをまぶしつける。冷蔵庫で保存する

Copyright © 2008 バレンタイン菓子のレシピ・作り方